北陸の山

毛氈苔

2014.07.08 白木峰 モウセンゴケ。名前にコケが付いてますがコケの仲間ではなく、食虫植物であります。 この時期の湿地帯に行けばよく見られます。

鍬崎山

2016.06.18 大品山 木々の間から眺める鍬崎山。 綺麗な形をしております。

白山高山植物園

2020.06.16 白山高山植物園 高山植物の開花をひと足早く楽しめる白山高山植物園のオープンガーデン。 今年は6月14日からの予定ですね。

鳶岩

2013.05.09 医王山 そしてこれも医王山を代表する場所、鳶岩。

三蛇ヶ滝

2013.05.09 医王山 金沢近郊、医王山の見どころの一つ。 三段になって流れ落ちる様からその名が付いた滝です。

新緑の季節

2019.05.15 経ヶ岳 5月、それは山にも緑生い茂る季節。

霧氷

2013.03.30 取立山 取立山の霧氷。 3月末でもタイミングが合えば美しく白い華が見られる。

春の雪山

2011.04.06 金剛堂山 金剛堂山から眺める白山。 春、4月にしてはすっきりくっきり見えていた日です。

豪雪の山

2018.03.25 金剛堂山 標高1600m台の山だけどそこは富山の豪雪地帯。 3月末でも雪はたっぷりだ。

春山

2015.03.17 金剛堂山 3月中旬ともなると、快晴無風の山歩きは暑い....。

毛勝三山

2014.03.17 大辻山 大辻山は毛勝三山~剱岳~大日岳を近くから見られる山。 危険個所も少なく、晴天の春山歩きにおススメの山です。

トレース

2014.03.12 護摩堂山 自分が歩いた足跡を振り返る。 無垢な雪原に己の足跡を刻む、これが雪山の魅力の一つだろうな。

霊峰白山

2016.02.11 取立山 自分が取立山から撮った白山ではこれがベストの1枚と言っていい。

悪天候

2012.02.12 医王山 悪天候を承知で行った医王山。 あ~、今なら行かないね、、これ。

雪の散居村

2016.02.08 医王山・夕霧峠 快晴の医王山。 夕霧峠から、雪の散居村と北アルプスの眺め。

道なき道を行く

2013.02.03 取立山 取立山から先、無雪期には登山道の無いルートを行く。 冬にしか行けないルートを歩けるのが雪山の魅力の一つだろう。

金沢眺望の山

2014.01.29 白兀山 医王山の山の一つ。 その名の通り、雪がたっぷり積もった冬には素晴らしい眺めが拡がりますね。

冬の白山

2014.01.24 高落場山 南砺市五箇山の入り口、高落場山からの白山。

雪山

2009.01.29 医王山 初めて冬山を登ったのは12年前の医王山。 先日の大雪で今年は雪たっぷりだろうな。

冬山のモチベーション

2010.01.27 取立山 冬山へのモチベーションが低下して早や何年。 今季はこの景色を見に行く事があるだろうか・・・

日光黄菅

2020.06.20 白山高山植物園 正式名称はゼンテイカ(禅庭花) 夏山を代表する、覚えやすい高山植物の一つではないでしょうか。

鮮やかな紅葉

2015.10.18 赤兎山 赤兎山から杉峠へと続く加越国境の尾根。 この時はタイミングドンピシャで色鮮やかな紅葉トレイルとなっていました♪

印象的な雲

2013.10.17 大笠山 確か台風一過のタイミングで行ったと記憶している大笠山。 登っている途中で印象的な雲が広がったのを覚えています。

OASIS

2020.08.15 中山 冷たい水の流れから来る風が気持ちイイ~♪ 標高の低い山で沢の渡渉地点があるのはありがたい。

立山杉

2020.08.15 中山 キャンプしていた馬場島からお手軽に登れる中山へ。 急登の登山道脇には大きな立山杉が聳えます。

白山

2016.02.11 取立山 冬の北陸では貴重な快晴日に絶景ゲット。

高嶺松虫草

2020.06.16 白山高山植物園 タカネマツムシソウ。 本来なら秋口から見られる高山植物なのですが植物園ではもう咲いていた。 これは季節感が狂いますな....。

ひと足先に最盛期

2020.06.16 白山高山植物園 コロナ禍で一般開放が遅れていた白山高山植物園が6月15日にオープン。 翌日行ってみた所、ちょうどニッコウキスゲが最盛期だ。 標高800mの植物園なので当たり前だが山で自生するものよりどの花も咲くのが早い!

岩銀杏

2011.06.22 赤兎山 湿原を好む花、イワイチョウ。 梅雨時期によく見られる高山植物ですね。

鳴谷山

2018.06.05 鳴谷山 2年前に登った鳴谷山。 生憎の曇り空だったので、ここはいずれ晴れ確実の時に行かないとな。