北アルプス

意気投合

2022.05.03 燕山荘 近くにテントを張っていて前夜に同じタイミングで燕山荘へと避難した男性と妙な?連帯感が生まれて一緒に下山。 全然軽くなっていない激重ザックでの歩きでしたが、お喋りしながらの楽しい下山をありがとうございました。

燕岳

2022.05.03 燕山荘テン場 5月の新雪を纏った燕岳を目指す人々が見える。 自分はテントなどの掘り起こしで疲れたので今回は燕岳のピークへは行かずに帰る事にした。 (どうせ過去に5回登っているし・・)

背丈ほどの雪に

2022.05.03 燕山荘テン場 残置物の無いようにペグまで全て回収してホッと一息。 元々テントを張っていたボトム部分から自分の背丈ほどの雪が僅か半日の間に積もっていた。 今回、予報的にまさかこんなに雪が降るとは思っていなかったのでテントが埋没してし…

ぺしゃんこ

2022.05.03 燕山荘テン場 何はともあれ、テントや道具を回収しない事には帰れない....。 と、1時間以上かけて掘り出したテントはぺしゃんこに潰れていた。。 昨晩もしも埋没に気付かないほどに熟睡していたらと思うと、、背筋も凍ります。

一夜明けて

2022.05.03 燕山荘テン場 雪に埋まるテントから緊急脱出後に燕山荘で泊まった翌朝、晴れ渡った青空の下でMyテントの状況確認。 脱出する時に前の雪を除けていたからテントの場所は確認できるが、想像以上に大量に降り積もった雪には驚くばかり。

山で初めて「死」を意識した時

2022.05.02 燕山荘近く 燕山荘に到着する頃から降り始めた雪。 テントを設営したあとも延々と降り続く雪は何度テント周りを雪かきしてもその量を増していき・・・ 夕方には更に積雪ペースが上がり、テント内の居住スペースが外から押しつぶされて狭くなって…

3年ぶりのGW山行

2022.05.02 合戦尾根 3年ぶりのGW山行は合戦尾根から燕山荘へ。 この辺りまでは天気も良かったんですけどね~。。

流星☆ミラクル

2014.05.03 蝶ヶ岳ヒュッテ・テン場 槍穂高連峰へと沈む星々で動画を作ろうと夜通しインターバル撮影した中の一枚。 流星の出た位置、サイズ、角度が素晴らしいじゃないか!と帰宅後にPCで画像チェックしていて鳥肌が立ったのを記憶している。 自分でシャッ…

ドアップ雷鳥

2012.04.20 雷鳥沢 不定期シリーズ「ちょうど10年前」 何故かなかなか雷鳥と遭遇出来なかった立山エリアでやっと出逢えた瞬間の一枚。 あっ、望遠レンズで撮影&トリミングしているので実際はそれなりに離れていますよ。

雪壁

2012.04.19 雷鳥沢キャンプ場 不定期シリーズ「ちょうど10年前」 全線開通直後のアルペンルートから雷鳥沢のテン場へ。そして渾身の防風雪壁造り。 今年は久しぶりに先週の全線開通日に行こうかと計画していたが、天気が悪いのであっさりキャンセルとした。 …

春の焼岳

2015.04.27 焼岳 残雪期に北アルプスの活火山、焼岳へ。 スカッと青空の下で気分も高揚!

強風乗鞍

2009.03.29 Mt.乗鞍スノーリゾート 3月末の乗鞍岳。 ひと目で強風が吹いているのが分かる。

北ア南部

2013.03.15 西穂山荘 西穂山荘の上から、焼岳~乗鞍岳と続く北アルプス最南部の展望。

春の立山

2014.03.17 大辻山 同じく大辻山からの立山。

春の剱

2014.03.17 大辻山 剱立山展望の山、大辻山から見る剱岳。 いつの季節も絵になる山です。

西穂高岳

2013.03.15 千石園地 冬の、というよりは春の様相の西穂高岳。

綿菅

2015.07.27 八方尾根 ワタスゲの綿、凄えぇ というヤツです。

四葉塩釜

2011.08.07 立山・雷鳥沢 ヨツバシオガマ。 夏山でよく見かけられるし、色的に目立つ高山植物です。

信濃金梅

2012.07.27 白馬岳 多くの夏山で見られる高山植物、シナノキンバイ。 この花が咲き誇るお花畑は壮観です。

独標

2010.02.25 西穂独標 冬の独標独り占め!(三脚撮影)

そんな訳で・・

2011.02.22 白馬乗鞍岳 まあそんな訳で、、 まだ1月ですが、今年は雪山ゼロに終わりそうな気配濃厚でございます。

遠望

2021.10.03 乗鞍岳 乗鞍岳山頂から南アルプス~中央アルプスの眺め。 秋は遠くまで見渡せて良い。

原点回帰

2015.08.02 三俣山荘野営場 燦燦と輝く太陽の下で重いテン泊装備を担いで非日常の世界へ。 今年はそんな原点回帰的な山行を増やしたいです。

この景色を独り占め

2010.11.19 燕岳 この日と前日は平日だったので宿泊者は3人だけ。そして朝の燕岳山頂へ向かったのは自分だけ。 八ヶ岳~富士山~南アルプスと連なるこの景色を独り占めとなった。

モルゲンロート

2010.11.19 燕山荘 モルゲンロートに染まる槍ヶ岳と表銀座の稜線。 写真でも美しいですが、実際に見るとまさに息を吞むような美しさです。

星空&燕山荘

2010.11.19 燕山荘 初冬の北アルプス、燕山荘。 小屋が営業しているからこそ低リスクで見に行けるこの景色をまたいつの日か見に行きたい。

こんな年もある

2011.11.04 笠ヶ岳 不定期シリーズ「ちょうど10年前」 この年は冬の到来が遅く、11月なのに笠ヶ岳には雪は無く標高3000m以上の槍穂高に少し付いてるだけだった。 こうなると・・行動するには楽だけれど、物足りなくもあるな。

WINDING ROAD

2021.10.03 乗鞍スカイライン 曲がりくねった道をくねくね走って絶景スカイランニングは無事完了。 午前中しか時間がない日だったのでこの行動としたが、まあ天気が良ければ何やっても楽しいですわね。 ・・とか思っちゃう自分も普通の人から見たら物好きさ…

烏帽子岳

2021.10.03 乗鞍スカイライン 続々登ってくるヒルクライマーを激励しながらスカイラインを駆け下る帰り道。 行きは存在感を感じなかった烏帽子岳の山容が何ともカッコいい。

山の紅葉は東側

2021.10.03 乗鞍岳 長野県側、エコーライン沿いの紅葉が上から見ても良さそうだ。 やっぱり山の紅葉は東側、次の機会はエコーラインを走ってみようかな。