マテウス・カストロ

2022.05.14 豊田スタジアム エースFW不在のチーム状況の中で、グランパスの攻撃には欠かせないブラジル人選手。 何かが起きる予感をさせる、その左足からのキックは現在のJリーグ全体を見渡しても屈指の存在だ。

ハイボール処理

2022.05.14 豊田スタジアム 名古屋グランパス 1 ランゲラック選手が相手のクロスをパンチングで凌ぐ。 いつも安定のハイボール処理である。

相馬勇紀

2022.05.14 豊田スタジアム 昨年の東京五輪にも出場した相馬選手のフリーキックシーン。 産まれたのがウチの息子と10日しか違わないのもあって、勝手に親近感を持っております。 この次節清水戦のAT決勝弾、そして先日のルヴァンカップ京都戦の直接FK弾もナ…

歓喜

2022.05.14 豊田スタジアム なかなか得点の入らない競技だからこそ、その喜びは格別!

得点シーン

2022.05.14 豊田スタジアム 試合開始6分で巡ってきた歓喜のシーン! 名古屋グランパス 14 仙頭選手のシュートがセレッソ大阪ゴールのネットを揺らす~♪♪

ゴール裏

2022.05.14 豊田スタジアム 試合前のウォーミングアップから盛り上がるゴール裏のサポーター。 自分があの席に行く事はたぶん無いだろうな(写真撮れなさそうなので・・)

一粒で二度美味しい

2022.05.14 豊田スタジアム 午前のレジェンドマッチを思う存分楽しんだら、次は午後のセレッソ大阪戦。 2試合も楽しめるだなんて、コスパの良い日だぜぇ~♪

レフティーモンスター

2022.05.14 豊田スタジアム 華麗な切り返しで中学生を抜いたのに、右足でシュートを撃たずにまた切り返して結局グダグダになる小倉氏....。 さすがレフティーモンスターの異名があった現役時代を彷彿させるプレーぶりではあった。

次回こそは

2022.05.14 豊田スタジアム 2010年のリーグ優勝メンバーの競演を見ると、無理とは分かっていても見たかったクラブOBがもう一人。 それは優勝時の監督で選手としてもクラブのRegend of Regendであるドラガン・ストイコビッチ氏。 (今回はコロナ禍で外国人OB…

one-club man

2022.05.14 豊田スタジアム ワン・クラブ・マン とは一つのクラブだけで選手生活を終えたスポーツ選手の事。 クラブ創設当初の選手を除けば名古屋グランパスで唯一と言っていいワン・クラブ・マンがこの中村直志氏。 今日も現役時代と同様の堅実なプレーでサ…

何思う?

2022.05.14 豊田スタジアム レジェンドマッチのハーフタイムにゴール裏サポーターを眺める小倉氏。 監督をしていた2016年以来に見るであろうその景色に何を思うのだろうか? クラブで唯一のJ2降格となった成績不振の責任は彼にあると思うし、未だに許してい…

小倉隆史

2022.05.14 豊田スタジアム クラブ創成期を彩った、間違いなく名古屋グランパス史上最初の日本人スター選手。 もしもあのアトランタ五輪最終予選の合宿中の大怪我が無ければ・・とは今でも思ってしまう。 この日久々に見たそのプレーぶりにやっぱり華がある…

玉田圭司

2022.05.14 豊田スタジアム 2010年名古屋グランパスリーグ優勝の前後に主力選手として活躍したクラブレジェンド。 有名なのは2006年ドイツW杯ブラジル戦でのゴールかな? 昨年末の現役引退からまだ半年も経っていないので動きはキレキレ。この日のプレーぶり…

楢崎正剛

2022.05.14 豊田スタジアム 20年間近くも名古屋のゴールマウスを守り続けたクラブレジェンド。 一般的には川口能活と日本代表の正GKの座を長年競い合った事で知られているでしょうか。 ちなみにサッカーに疎いウチの奥さん、今回のOBメンバーの中で楢崎だけ…

クラブ30周年レジェンドマッチ

2022.05.14 豊田スタジアム この日はJリーグ公式戦の前に名古屋グランパスのクラブ創立30周年を記念してレジェンドOBが出場する試合が開催された。 (相手は愛知県の中学生選抜) クラブ設立時からのサポーターおじさんとしてはこの懐かしい面々を見られるだ…

豊スタ再訪

2022.05.14 豊田スタジアム 約5ヶ月ぶりの豊田スタジアム再訪。 今回は妻が「私もスタジアム行ってみたい!」と言うので同伴デス。

ステーキ焼きまする

2022.05.08 三国山キャンプ場 登山後のキャンプ飯はシンプルに鉄板で肉を焼いて食う。

焚き火でほっこり

2022.05.08 三国山キャンプ場 明るいうちから焚き火でほっこりしながら登山の疲れを癒す。 来月はこれを市ノ瀬でやろう。

登山、からのキャンプ

2022.05.08 三国山キャンプ場 白山から下山後は津幡まで移動してキャンプイン。 この日、山へ行こうかキャンプしようか迷った結論が、どっちもやっちゃえ!となったのだった。

新緑さんぽ

2022.05.08 白山公園線 この時季の白山は市ノ瀬からの行動となるので体力的にキツくなるが、、 その分標高差があって高山帯の残雪から麓の新緑まで楽しめるのがいいね。

荒れる別当出合

2022.05.08 白山・別当出合 別当出合の鳥居が破損したのは知られていると思うのでこちらの写真を。 あちこちに倒木や枝が散乱している状況に冬の積雪や雪崩の怖さを思い知らされます。 白山公園線の冬季閉鎖が解除されるのはこの雪が消えて倒木の除去が終わ…

展望良好

2022.05.08 白山・御前峰 5月としては上々の空気感。 ヤリホの眺めもばっちりであった。

80回目

2022.05.08 白山・御前峰 2022年の御前峰初登頂は通算では80回目の山頂(たぶん) この80回の歴史の中で山頂で晴れていたのはいかほどか?体感的には7割以上あると思うが・・

独占

2022.05.08 白山・御前峰 午前9時半の御前峰山頂には誰もおらず。 最終日とは言えGW期間なのに何故こんなに空いているんだ?

雪融け

2022.05.08 白山・室堂 室堂の鳥居がもうこんなに出ている。 今年は冬の積雪は多かったのだろうが融雪は早いようだ。

連休最終日

2022.05.08 白山・砂防新道 大型連休最終日は晴れの白山へ。 前回、合戦尾根のテン泊ザックでの修業が効いたか、足取りは軽い♪

パラグライダー

2013.05.18 縄ヶ池駐車場 眼下に砺波平野の散居村を眺めながら空飛ぶパラグライダー。 いずれは自分もやる日が来るのだろうか?その可能性はゼロではない!

意気投合

2022.05.03 燕山荘 近くにテントを張っていて前夜に同じタイミングで燕山荘へと避難した男性と妙な?連帯感が生まれて一緒に下山。 全然軽くなっていない激重ザックでの歩きでしたが、お喋りしながらの楽しい下山をありがとうございました。

燕岳

2022.05.03 燕山荘テン場 5月の新雪を纏った燕岳を目指す人々が見える。 自分はテントなどの掘り起こしで疲れたので今回は燕岳のピークへは行かずに帰る事にした。 (どうせ過去に5回登っているし・・)

背丈ほどの雪に

2022.05.03 燕山荘テン場 残置物の無いようにペグまで全て回収してホッと一息。 元々テントを張っていたボトム部分から自分の背丈ほどの雪が僅か半日の間に積もっていた。 今回、予報的にまさかこんなに雪が降るとは思っていなかったのでテントが埋没してし…